【ライブレポ】BUMP OF CHICKEN TOUR 2019 「aurora ark」埼玉メットライフドーム(07/12)感想

【ライブレポ】BUMP OF CHICKEN TOUR 2019 「aurora ark」埼玉メットライフドーム(07/12)感想

7月12日から始まったBUMP OF CHICKENの全国ツアー「aurora ark」初日の埼玉メットライフドームに行きました。

今回は新アルバム発売後のツアーで、「メットライフドーム」は埼玉県にある旧・西武ドームです。感想を書いていきます。

【ライブレポ】BUMP OF CHICKEN TOUR 2019 「aurora ark」埼玉メットライフドーム(07/12)感想

 

新アルバム 「aurora arc」

「aurora arc(オーロラアーク)」は、7月10日に発売されたばかりのBUMP OF CHICKENの新アルバム。

 

収録されている14曲中11曲はタイアップ曲と、アルバム発売前から配信済みの曲が多かったのは、過去アルバムとは大きく違う部分でした。

 

もしかしたら配信曲も熱心に聴いている人にとっては、真新しさの少ないアルバムだったのかも知れません。

私は配信のみの曲は普段あまり聞かないので、シングル集のようなアルバムも普通に楽しめました。

アルバムは全部で3形態

アルバムは全部で3形態が販売されています。

  • 初回限定盤(A)はDVD付属
  • 初回限定盤(B)はブルーレイ付属
  • 通常版

初回限定盤には「COUNTDOWN JAPAN 18/19」で演奏した全10曲のライブ映像と、ミュージックビデオ全 11 曲が収録されています。

初回限定盤A、初回限定盤B、通常盤初回プレス分には、埼玉・大阪・名古屋でのドーム公演のチケット最速先行申し込み用のシリアルナンバー封入。

収録曲

01. aurora arc
02. 月虹▶ TV アニメ「からくりサーカス」第1 クールオープニング・テーマ/ 第3 クールエンディング・テーマ
03. Aurora▶ T BS 系 日曜劇場「グッドワイフ」主題歌
04. 記念撮影▶ カップヌードルCM「HUNGRY DAYS」シリーズ タイアップソング

05. ジャングルジム
06. リボン▶ Galaxy CM ソング
07. シリウス▶ TV アニメ「重神機パンドーラ」オープニング主題歌
08. アリア▶ TBS 系 日曜劇場「仰げば尊し」主題歌
09. 話がしたいよ▶ 映画「億男」主題歌
10. アンサー▶ TV アニメ「3 月のライオン」第1 シリーズオープニングテーマ
11. 望遠のマーチ▶ ガンホー「妖怪ウォッチ ワールド」CM ソング
12. Spica▶ TV アニメ「重神機パンドーラ」エンディング主題歌
13. 新世界▶ ロッテ創業70 周年記念スペシャルアニメーション『ベイビーアイラブユーだぜ』テーマソング
14. 流れ星の正体

初回限定盤付属DVD/ BD 収録内容(初回限定盤 A/ B 共通 ) 

-2018.12.28 COUNTDOWN JAPAN 18/19-

  1. スノースマイル
  2. 望遠のマーチ
  3. 記念撮影
  4. 話がしたいよ
  5. ギルド
  6. 虹を待つ人
  7. 天体観測
  8. ray
  9. メーデー
  10. ガラスのブルース

-Music Video-
アリア/ アンサー/ リボン/ 記念撮影(リリックビデオ)/ 望遠のマーチ/ シリウス/ Spica(リリックビデオ)/ 話がしたいよ/ Aurora/ 月虹/ 新世界

「aurora ark」と「aurora arc」

今回のアルバム制作ではカナダのイエローナイフまでオーロラを見に行ったそうで、会場でもツアーの始まりにそのときの映像が流れていました。

 

アルバムタイトルの「aurora arc」は、オーロラの描く弧という意味
ツアータイトルの「aurora ark」は、オーロラの方船という意味だそう。

読み方はどちらも同じ「オーロラアーク」です。

BUMP OF CHICKEN 2019ツアー 「aurora ark」日程

2019年7月12日(金)埼玉県 メットライフドーム ←
2019年7月13日(土)埼玉県 メットライフドーム


2019年7月23日(火)福岡県 Zepp Fukuoka
2019年7月24日(水)福岡県 Zepp Fukuoka
2019年7月31日(水)宮城県 SENDAI GIGS
2019年8月1日(木)宮城県 SENDAI GIGS
2019年8月20日(火)東京都 新木場STUDIO COAST
2019年8月21日(水)東京都 新木場STUDIO COAST


2019年9月11日(水)大阪府 京セラドーム大阪
2019年9月12日(木)大阪府 京セラドーム大阪
2019年9月21日(土)愛知県 ナゴヤドーム
2019年9月22日(日)愛知県 ナゴヤドーム


2019年10月1日(火)大阪府 Zepp Osaka Bayside
2019年10月2日(水)大阪府 Zepp Osaka Bayside
2019年10月15日(火)北海道 Zepp Sapporo
2019年10月16日(水)北海道 Zepp Sapporo


2019年11月3日(日・祝)東京都 東京ドーム
2019年11月4日(月・振休)東京都 東京ドーム

ライブハウス公演を追加発表

今ツアーは日程の情報が大きく3回に分けて発表がありました。

初めに発表されたのが「埼玉・大阪・名古屋」でのドーム公演で、アルバム予約購入者に最速先行抽選用のシリアルナンバーが配布されました。

 

その後、少し日を置いて「福岡・宮城・東京・大阪・北海道」のライブハウスでのツアー日程が追加されました。 

さらに東京ドーム公演も追加発表

ライブハウス公演の発表後には、さらに追加で「東京ドーム」でのファイナル公演があることも発表されました。

 

新アルバム「aurora arc」にはツアーファイナルの東京ドーム公演チケットの最速先行申し込み用シリアルナンバーも封入され、1枚のアルバムで同ツアーのシリアルナンバーが2つ配布されました。 

 

私は最初のチケット先行でメットライフドームに当選していたので他は申し込みませんでしたが、同じツアーで複数個所のコンサートに行かれる方も多いのかな。

贅沢な悩み

初めにツアーが発表されたときは3会場のなかで比較的近い埼玉を選んだけれど、メットライフドームは遠方からアクセスが少し悪いので、もし先に東京ドーム公演も発表されていたら埼玉より東京の抽選に申し込みをしたかったのは正直なところです。

 

ツアー初日の埼玉のチケットが当選したときは嬉しかったのに、後になって少し残念な気分になるとは予想していませんでした。

 

チケットを購入したイープラスでは都合が悪くなった場合はチケットを正規ルートでトレードに出すこともできます。

当選チケットを手放して東京ドーム公演の抽選に申し込もうかと少し悩んだけれど、結局は折角なので変更なく出かけることにしました。

 

バンプのライブは行きたくてもチケット抽選に外れてしまうこともあるというのに、なんとも贅沢な悩みです。

アリーナも全席指定

ツアーチケットの抽選申込では「アリーナ」「スタンド」の区別はなく、「全席指定」での抽選でした。

会場ではスタンドに席があるのは勿論、アリーナにもパイプ椅子が並べられていました。

 

席が全て指定だったこともあって、当日は宿泊先の立川のホテルにチェックインした後にのんびりと会場へ向かいました。

物販の待ち時間とツアートラック

BUMP OF CHICKENのライブといえば、いつも悩ましいのが物販の待ち時間です。

 

以前のツアーでは2~3時間待ちも普通で長い行列ができるのが当たり前だったので、この日は「状況次第で買えそうだったら並ぼうか」とあまり期待せず、会場の1時間前に現地に着きました。

 

グッズ売り場を目指して歩くと人は多いものの列はスムーズに流れていて、今回はツアー初日にも関わらず30分くらいの待ち時間で買うことができました。

並んでいる最中にはグッズ販売のパンフが配布されたので、どの商品を買おうかなと考えながら待つことができたのも良かったです。


ツアー初日のグッズはポケットTシャツのサイズは一部売り切れがあったけれど、それ以外の商品はあまり売り切れもなく購入可能でした。

 

そういえば物販の近くにツアートラックもあったけれど、今回は今までのような装飾?ペイント?はありませんでした。

ライブの感想

内容のネタバレはあまり書きませんが、会場は音の反響が酷くて静かな曲だと少し変な感じはしたけれど、「アリア」の演出はステンドグラスみたいでとても綺麗でした。

「リボン」と「話がしたいよ」も良かった、最近の曲の中ではリボンが1番好きです。

 

会場での場内アナウンスでも「コンサート」と言っていたけれど、本当にバンドの「ライブ」から「コンサート」に変わってしまったんだなーというのも正直な感想。

 

今回はあまり席が良くなくて、少し冷静に見ていたのもそう感じた理由の1つかも知れません。

BUMP OF CHICKEN 2019ツアー 「aurora ark」

コンサート終了後に撮影OKになったスクリーンを写した写真でも分かる通り、ステージが遠いうえにネット越しで見にくかったです。

微妙なフィールドビュー席

今回はスタンド席のなかでも微妙なフィールドビュー席だったので、ステージも・花道も・島もあまり見えませんでした。


元々あるフィールドビュー席は広めの座席で傾斜があってステージは見やすいのですが、私たちのエリアはフラットな場所にパイプ椅子を並べている「とりあえず椅子を並べた」だけの席。

 

アリーナ席と同じ様な狭さだけれどステージはポールが邪魔だったりネット越しにしか見えず、段差もないのでステージ上は人の頭でほぼ見えず「注釈付きの席だっけ?」と思えるような場所でした。残念。

MCとか

MCでは令和初、メットライフ初、アルバムが発売後の初、ツアー初日、で初めてづくしのライブだと話していました。

 

ツアーグッズのドッチビーの紹介では、買って遊んでほしいといいつつ「でも俺らのファンはボッチが多いか・・」と言っていたのも面白かったです。

壁にぶつけて遊ぶか、遊んでくれる犬でも飼うしかない。

 

昔のバンプファンはボッチも多かったかも知れないけれど、今はライブに行くと結構ファン層が変わっていてターゲット層も以前と違うように感じていたので、ちょっと意外な発言でした。

LEDリストバンド「PIXMOB」が進化

LEDリストバンド「PIXMOB」が進化

今回も前回ツアーと似たようなデザインのPIXMOBがあって、入場時に手渡しで配られました。

ベルト式に進化

以前と見た目で大きく違っているのは、手首のサイズが調整できるようベルト式に進化している部分。

 

過去のバンプのライブで配られたザイロバンド・PIXMOBの一部を並べて写真を撮ってみました。

ザイロバンド・PIXMOB

以前のものは確かベルトの色が何色かあって、最初のものは「BUMP OF CHICKEN」の文字がシールを張っただけのものでライブ後に剥がれてきた思い出があります。

並べて見比べても、なんだかレトロ感ありますね。

「aurora ark」埼玉メットライフドーム(07/12)セットリスト

当日のセットリストがこちら

  1. aurora ark
  2. Aurara
  3. 虹を待つ人
  4. 天体観測
  5. 月虹
  6. プラネタリウム
  7. Butterfly
  8. 記念撮影
  9. 話がしたいよ
  10. ダイヤモンド (島)
  11. リボン (島)
  12. 望遠のマーチ
  13. アリア
  14. Spica
  15. ray
  16. 新世界
  17. supernova
  18. 流れ星の正体

アンコール

  1. 宝石になった日
  2. ガラスのブルース

セトリは拾いものですが、アルバム曲+ライブの定番曲という内容です。

アルバム全曲は聴けなかったけれど、アンコールも含めて20曲も聴けて大満足でした。

同じ温度で好きでいること

コンサート自体は楽しかったし新アルバムには一時期よりも好きな曲もあるけれど、メンバーと同い年の私は、最近はバンプの音楽と少し距離を感じることも多くなりました。

 

好きじゃなくなった訳ではないけれど、最初に好きになった頃と今の「好き」が「同じ熱量の好き」かと聞かれるとやっぱり少し違います。

バンドがというよりも自分が歳を重ねて、20代の頃と今では暮らしや感覚も変わったことが原因だと思います。

 

ずっと同じ温度で好きでいられることって実はとても難しくて、変わっていくことは自然なことで、歳を重ねても変わらず寄り添える存在は貴重なんだなと最近は改めて感じています。

 

熱量は変わっても「好き」なことには変わりないので、この先も自分のペースでBUMP OF CHICKENの音楽を楽しみたいです。

 

以上、BUMP OF CHICKEN TOUR 2019 「aurora ark」埼玉メットライフドームのコンサートの感想でした。

またどこかに出かけたら更新していきます。

BUMP OF CHICKENのコンサートに出かけた記事はこちらにも

www.dekakeyou.net

www.dekakeyou.net